多摩ニュータウンキリスト教会の対応についてお知らせいたします。

・9月11日(日)に
教会役員会を開催しました。
9月12日(月)~10月09日(日)までの新型コロナウイルス感染症への対応をお知らせ致します。
・次回は、原則10月09日(日)の教会役員会で対応を検討します。

大前提:緊急事態宣言や最新の感染状況に呼応します

 ①「緊急事態宣言」や「まん延等防止措置」はありません。
 ②「オミクロン株」はBA5に置き換わり、都内の感染者の数は1万人台前後です。
 ③「高齢者の方の感染」は、命の危険を伴います。
 ④「医療現場」はひっ迫状態を回避しています。
 ⑤ 教会員の方々は、感染状況を見極め、適切に判断され礼拝出席しておられます。
 ⑥ IT環境が整わない方々の礼拝出席を止めない方向です。
  
 以上の点をふまえ、教会役員会は以下のように対応いたします。


これまでと同様の感染対策を継続します
  ①自宅で検温し、体温が
37.0度以上の場合は、教会へ来ることを止めます。
  ②教会の玄関で再度検温し、体温が
37.0度以上の場合は、帰宅します。
  ③教会の玄関で、アルコールにより手指を消毒します

  
④ウイルスを持ち込まないという主旨で、適宜ファブリーズ等を噴霧させてもらいます。
  ⑤マスクの着用(マスク不織布とします。)
  ⑥座席の間隔を空けています。3階の集会室も利用します。


各種集会の対応について。

 A.主日礼拝

  ①上記の感染対策を前提に、希望者は、礼拝に出席する事が出来ます。
  ②ワクチン接種を終了した方々でも、
基礎疾患をお持ちであったり、
   
少しでも感染の不安がある方々は、出席を控えていただいてかまいません。
  ③
主日礼拝の実施要領
   1.10月09日まで、礼拝形式は「短縮形式」とします。
   2.これまで通り、ライブ配信を継続します。
   3.会衆、司会者、
奏楽者、牧師の全員がマスクを着用します。
   4.
賛美について
     ◦賛美時はマスクを着用します。
     ◦
土曜日の段階で感染者の数が5千人以下であれば大声でなく賛美します
     ・5千人以上であれば、
     ・最初の賛美は「着席で無声」/説教後は「控え声」/頌栄は「ささやき声」での賛美とします。
     
 
B.オリーブチャペルと土曜子ども会に関して
  *幼稚園、小学校等の対策に準じています。

 C.
祈祷会
  *上記の感染対策を前提に、希望者は集会に出席する事が出来ます。
 
 D.
オリーブきっちんに関して
  *月一回、お弁当の注文形式で実施しています。

 E.婦人祈祷会、土曜会
 
 婦人祈祷会:月2回、隔週で実施します。
  *
土曜会:10月は原則実施します。

 F.
聖研:交わりを中心にして
  *
10月18日(火)から月1回、第3週の火曜日に開催します。

 G.その他の定期集会や集会形式のミニプロジェクト
  *いまのところ再開はありません。

最新のお知らせ

★2022年度の協力講演会★
626日(日)に実施されました。
石田 学師

🔴 以下のリンクで再生されます 🔴
YouTube Liveのリンク
https://youtu.be/-iy2mBdvhLw

4月からのオリーブチャペルは、毎週「オリーブキッズ&ジュニア」です‼️


   上記「礼拝 LIVE 配信」をクリックして下さい。   
  

My Image